THE BRIDGEに掲載されました

掲載元

不動産業界を変える原動力を目指して、不動産レコメンデーションサービス「ietty」が約2億円を資金調達

iettyは、YJ キャピタル、インキュベイトファンド 1 号投資事業有限責任組合を引受先とした、総額約2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。この資金調達に合わせ、YJ キャピタル代表取締役の小澤隆生氏とインキュベイトファンド代表パートナーの和田圭祐氏が社外取締役に就任する。

iettyは、希望する物件の条件と内覧希望日を登録すると、複数の不動産会社から物件の提案が届く。そのままチャットで物件に関して相談することもでき、その後物件の見学に向かう。ユーザは見学すると1000円がキャッシュバックされる仕組みとなっている。

iettyは2013年6月のサービスをリリース、同年10月にミクシィの投資子会社アイ・マーキュリーキャピタルから約5000万円を資金調達し、2014年6月に法人向け福利厚生サービス「ietty Biz」をリリースしている。最初にiettyの取材をしてから約1年。現在、iettyはどのような調子なのか、ietty代表取締役社長 小川泰平氏に話を伺った。

ietty代表取締役社長 小川泰平氏
ietty代表取締役社長 小川泰平氏

小川氏「iettyは現在、月間1000人ほどのユーザが利用しており、そのうち20〜30%が来店しています。登録している物件の条件が厳しいユーザにはiettyの運営からサポートをいれています。ここは今後、傾向を把握していき、開発で対応することで人手間を減らしていく予定です。今後はさらにユーザも増やしていく予定です。」

iettybiz

「ietty Biz」はリリースから4ヶ月で、現在IT系上場企業をはじめ、約40社が利用している。「思っていた以上に好調」だと小川氏は語る。

小川氏「ietty Bizで引越しが決まったユーザもいます。実際に物件が決まると社内での口コミにつながり、また利用するユーザが増加します。会社が若く、年齢層が若い会社ほど引越し頻度が高いため、相性が良いサービスとなっています。ただ、ここからは昔から日本にあるような、手堅い業種の会社にも広げていきたいと考えています。法人向けのサービスなので、今後はさらに会社と会社の信頼関係を作っていくことに取り組んでいきます。」

業界での認知度が向上

iettyはリリース当初と比較すると業界での認知度がかなり高まってきている状態だという。ユーザと店舗は、やりとりしているうちにある程度物件が決まり、来店してからからの成約率は高い。店舗としても費用対効果がかなり良いサービスとなっている。

小川氏「サービスリリースから1年半ほどで、認知も向上し、お客さまから他のお客さまをご紹介していただくようになってきました。中には、ietty経由だけでかなり売上が上がる店舗もでてきています。これはサービス開始当初からは考えられない状態です。」

認知も向上し、実績が出ることが証明されてきたietty。提携店舗を増やすことは容易に見える。だが、小川氏はとにかく提携店舗を増やすことは良しとしていない。

不動産業界を変える原動力に

小川氏「仲介業者であれば誰でも言い訳ではありません。仲介業者の意識を大切にしています。iettyはプラットフォーム自体に思想を持たせようとしています。iettyという舟に一緒にのってくれて、一緒に不動産業界と戦ってくれるような業者を選んで提携していきます。そうしなければ、良い世界観は作れません。」

提携する店舗にもこうした意識を求めていくことは業界を変えていく上で非常に重要なことだ。良いプロダクトを作り、そのプロダクトを利用してもらう際に思想もセットで広めていく。

今回調達した資金は人材採用とマーケティングに利用していく予定だという。人材採用の中でも、提携業者向けのサポートを実施するアカウントマネージャーのような人材を採用していくそうだ。

小川氏「アカウントマネージャーに、店舗にサービスの思想をきっちり伝えていきます。こうした部分もやっていかないと新興でやってる意味がありませんから。

iettyは今後、さらにマネタイズに寄せた新規事業も考えていくと小川氏は述べた。不動産市場というレガシーかつ巨大な市場に対して、スタートアップがどのように勝負を仕掛けていくのか、楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close