大学ジャーナルオンラインに掲載されました

掲載元

東京大学、不動産物件情報処理の共同研究を開始

東京大学大学院 情報理工学系研究科 電子情報学専攻の山崎研究室は、オンライン接客型不動産仲介「ietty」を運営する株式会社iettyと、不動産物件情報処理とユーザー動向解析の共同研究、同社開発チャットシステムなどのマルチプラットフォームに対応する「CtoB接客プラットフォーム」の共同開発を始める。

 両者の共同研究は、山崎研究室が持つ人工知能・統計解析などの知見を活用。iettyが所有するユーザーデータ、物件評価データを組み合わせることで、物件の魅力度や地域別の予想価格帯など、顧客が求める情報を推定するアルゴリズムの構築を進める。また、「ietty」アプリ上での人工知能チャットbotによる物件提案機能の開発を目指す。

この研究により、より高度な人工知能を用いたbot機能の活用が期待できる。チャットbotの強みであるスピーディーなレスポンス、膨大な情報に基づく提案精度の向上を目指し、CtoB接客プラットフォーム(※1)の構築を行っていくという。

(※1)CtoB接客プラットフォーム:ビジネスサイドが提供する商品群から検索によって希望の商品を探し当てるBtoCに対して、顧客の漠然とした要望からスタートし、真に必要な商品・サービスを提案していく「Consumer to Business」を実現するプラットフォームとして、iettyが提唱する新たなビジネススキーム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close